実務経験の期間について

受験資格を得るためには、さまざまな方法がありますが、
実務経験の期間に関しては、どの場合も常勤、非常勤、アルバイトなど
雇用の形態は問われません。

 

学生のときに介護のアルバイトを行った場合も、
従事期間に含めることが出来ますし、
ボランティアで介護を行っていた場合も、
当該団体の概要及び市区町村ボランティアセンターなどに
登録されている事が証明できれば、
実務経験の期間に含めることが出来ます。

 

また、介護従事日数は、実際に実務に従事した日数が問われます。

 

休日や有休、研修に参加した日を除き、
一日の勤務時間は問いません。

 

さらに、実務経験は違う職種や違う事業所の実務経験を
合計する事ができます。

専門性の高いケアマネジャーを目指す

ケアマネジャーになる方法はいくつかあります。

 

しかし、いずれにしても医療、福祉に関する専門知識や、
実践を積む事により、対人援助の経験を身につけなければなりません。

 

資格要件の国家資格の中には、医師や薬剤師、保健師など、
その資格取得のために長い時間を必要とするものもあります。

 

今から受験資格の取得を目指すのであれば、
ホームヘルパーの資格を取得し、5年の実務経験を積むのが
最短コースです。

 

または、介護業務にすぐに従事すれば
費用をかけずにケアマネジャーを目指す事が出来ます。

 

ですが、まずは自分自身が関心のある専門分野の知識と経験をしっかり身につけ、
専門性の高いケアマネジャーを目指すことが望ましいと思います。