ケアマネジャー誕生の背景

ケアマネジャーは、超高齢化社会を迎えるにあたり、
社会的な制度が求められるようになったため、
介護保険法の成立と同時に誕生しました。

 

介護保険法の施行は2000年です。

介護保険制度が必要になった理由

介護保険制度が必要になったのは、ずばり世の中に高齢者が多くなったことにあります。

 

戦後の急激な経済成長に伴い、国民の生活水準は向上し、
公衆衛生、医学・医療技術は飛躍的に進歩しました。

 

そして、平均寿命は延び、高齢者が多くなったのです。

 

高齢者が多くなれば、寝たきりの人や、認知症などの病気を患った
介護を必要とする人が増えるのは明らかです。

 

それまでの日本では、家族の介護は、専業主婦である
女性が行っていました。

 

しかし、女性も大きく変わりました。

 

戦後の教育の中では、男女同権思想が浸透し、
女性だけが家族の介護をしなければならないのはおかしいのではないか、
という考えを持つようになったり、
嫁と呼ばれる人の立場も昔とは違っています。

 

昔は、嫁が舅や姑の世話をするのは当たり前だといわれ、
不本意であってもせざるをえない状況がありました。

 

ですが、最近は男も女も関係ありませんし、
専業主婦の女性は減り、
多くの女性がパートを含め、外で仕事をする様になっています。

 

さらには、子どもの数が少なくなり、
介護できる人自体も少ないです。

 

また、長生きする高齢者が増え、
昔に比べ、介護期間も飛躍的に長くいなっています。

 

医療が進歩し、脳梗塞で半身不随になっても、
何十年も生き続けることができる時代です。

 

とうてい、家族だけで介護ができるとは思えません。
介護が必要な高齢者が家にいたとしても、
「お手上げ状態」になってしまう家族が多くなってしまいました。

 

そこで、行政は「措置制度」でサービスを提供しました。

 

この措置制度は、困った人への救済であって、
費用は原則無料でした。

 

しかし、サービスが受けられるのは行政が必要と認めた人だけで、
誰もが受けられるわけではなく、
こっちのサービスが良い、あの施設に入りたいなど
サービスを受ける側に、選択権はありませんでした。

 

また、少々気に入らないサービスであっても、
やってもらう立場である以上、文句もいうことができないという
状況がありました。

 

特別養護老人ホームへの入所を希望すると、
本当に家族で世話をすることができないのか、
親類縁者に至るまで資産や収入を調べられるなどの状況がありました。

 

このようなことから、お上のお世話にはなりたくない!
と考える高齢者も多くなり、必要なサービスを拒否する人まで
出てきてしまったのです。

 

逆にさまざまなサービスを受けたいと思う人も、
保健医療制度と福祉制度が複雑に絡み合っていて、
どのようにすれば、自分に必要なサービスを受けることができるのかがわからず、
途方にくれてしまう人も出てきてしまいました。

 

また、相談をしてもたらいまわしの様に
あっちの窓口へ、こっちの窓口へ・・・と散々まわされ、
手遅れになってしまうということもあったのです。

 

このような背景があり、
家族だけで介護をするのは難しい高齢者を介護する制度が必要になったため、
介護保険制度が施行されました。

 

この介護保険法の施行と同時期に、
新しくできた介護保険をスムーズに機能させ、
必要な人に適切なサービスが提供されるよう、
連絡調整を専門職としてケアマネジャーは誕生しています。