ケアマネージャーが知っておきたい要介護状態区分と一ヶ月の居宅サービス利用限度額

・要支援1

 

要支援1は、日常生活上の基本動作については、
ほぼ自分で行う事ができますが、
日常生活動作の介助により現在の状態の悪化の防止や
要介護状態となることの予防に資するよう、
手段的日常生活動作(一人のヒトが独立して生活するための
基本的な日常動作(ADL)。炊飯や掃除、洗濯などの家事、
買物、金銭管理、趣味活動、公共交通機関の利用、
車の運転など)においてなんらkなお支援を要する状態です。

 

一ヶ月の居宅サービス利用限度額は、4万9700円程度です。

 

・要支援2

 

要支援2は、要支援1の状態から、手段的日常生活動作を行う能力が
僅かに低下し、何らかの支援を要する状態です。

 

一ヶ月の居宅サービス利用限度額は、104000円程度です。

 

・要介護1

 

要介護1は、要支援2の状態から、
手段的日常生活動作を行う能力が一部低下し、
部分的な介護を必要とする状態です。

 

一ヶ月の居宅サービス利用限度額は、165800円程度です。

 

・要介護2

 

要介護2は、要介護1の状態に加え、日常生活動作についても
部分的な介護が必要となる状態です。

 

一ヶ月の居宅サービス利用限度額は、194800円程度です。

 

・要介護3

 

要介護3は、要介護2の状態と比べると、
日常生活動作及び手段的日常生活動作の両方の観点からも
著しく低下し、ほぼ全面的な介護を必要とする状態です。

 

一ヶ月の居宅サービス利用限度額は、267500円程度です。

 

・要介護4

 

要介護4は、要介護3の状態に加え、
さらに動作能力が低下し、介護なしには
日常生活を営む事が難しい状態です。

 

一ヶ月の居宅サービス利用限度額は、306000円程度です。

 

・要介護5

 

要介護5は、要介護4の状態よりもさらに動作能力が低下しており、
介護なしには日常生活を行う事がほぼ不可能な状態です。

 

一ヶ月の居宅サービス利用限度額は、358300円程度です。